講演資格および日本機械学会入会キャンペーンについて

ROBOMECH2018講演資格および
日本機械学会入会キャンペーンについて

日本機械学会では,2017年4月以降に開催される研究発表講演会の講演資格を会員 (または協賛・後援団体のうち,研究発表に関し日本機械学会会員が同等の扱いを受けることが確認できている団体の会員) に限定することになりました.詳細は 日本機械学会のページをご覧ください.ROBOMECH2018 にもこのルールが適用されます.

これに伴い日本機械学会では,ROBOMECH2018 に会員外または一般学生として参加登録された新規入会者に対して,入会金と1年分の年会費を無料とする入会キャンペーンを実施しています.ぜひご活用ください.もちろんキャンペーンを利用せず通常どおり入会して頂くことも可能です.

参考:ROBOMECH2018参加登録費

事前登録 当日登録
日本機械学会正員 17,000円 22,000円
日本機械学会学生員 10,000円 15,000円
協賛・後援団体正会員 17,000円 22,000円
協賛・後援団体学生会員 10,000円 15,000円
会員外 28,000円 33,000円
一般学生 13,000円 18,000円

参考: 日本機械学会 入会金・年会費(一部抜粋: 完全版はこちら)

入会金 年会費
(1月~3月入会)
正員 1,000円 9,600円
学生員 0円 2,400円

ROBOMECH2018 への講演申込みから論文投稿までの流れは以下のとおりとなります.なお,入会キャンペーンは発表者以外にも適用されます.

  1. 発表者が日本機械学会会員の場合
  2. 発表者が条件を満たす協賛・後援団体の会員の場合
  3. 非会員の発表者が入会キャンペーンを利用する場合
  4. 非会員の発表者が入会キャンペーンを利用せずに通常の入会を行う場合
  5. 発表者以外が入会キャンペーンを利用する場合

(1)発表者が日本機械学会会員の場合

  1. 会員資格「日本機械学会会員」で講演申込みを行ってください.会員番号が必要です.(1/29 〆切)
  2. 会員区分「日本機械学会正員」または「日本機械学会学生員」で参加登録を行ってください.会員番号が必要です.(最終原稿投稿までに参加登録を完了してください)
  3. 最終原稿のアップロード時に,論文投稿ID,日本機械学会の会員番号,参加登録時の個人情報登録IDの3つの入力が求められます.(3/5 〆切)

(2)発表者が条件を満たす協賛・後援団体の会員の場合

  1. 会員資格「協賛・後援団体会員」で講演申込みを行ってください.(1/29 〆切)
  2. 会員区分「協賛・後援団体正会員」または「協賛・後援団体学生会員」で参加登録を行ってください.(最終原稿投稿までに参加登録を完了してください)
  3. 最終原稿のアップロード時に,論文投稿ID,協賛・後援団体の会員番号,参加登録時の個人情報登録IDの3つの入力が求められます.(3/5 〆切)

(3)非会員の発表者が入会キャンペーンを利用する場合

  1. 講演申込み時の会員資格として「入会キャンペーン利用」を選択してください.(1/29 〆切)
  2. 日本機械学会のサイトにて入会申込みをしてください.その際,通信欄に必ず「ROBOMECH2018」と記入してください.記入がない場合キャンペーンは適用されませんのでご注意ください.入会金・年会費の支払いは不要です.なお,2018年3月に卒業される方は,2018年4月以降の所属先名称についても通信欄にご記入ください.(例1.○○大学大学院進学,例2.○○会社勤務,最終原稿投稿までに完了してください)
  3. 会員区分「会員外」または「一般学生」で参加登録を行ってください.(最終原稿投稿までに参加登録を完了してください)
  4. 最終原稿のアップロード時に,論文投稿ID,日本機械学会への入会申込み時に自動で発行される8ケタの仮登録番号,参加登録時の個人情報登録IDの3つの入力が求められます.(3/5 〆切予定)
    ※なお,日本機械学会への入会日は,ROBOMECH2018終了日以降となり,正式な会員番号の発行,及び入会日は 6/20 頃を予定しています.

(4)非会員の発表者が入会キャンペーンを利用せずに通常の入会を行う場合

日本機械学会では,毎月20日に新規入会者の正式会員番号を発行しています.当月20日まで(土・日・祝に当たる場合はその前日)にWebからの入会申込みと,会費自動振替申込書が届いていること,又は入会金・年会費の着金が確認された方が対象です.したがいまして,ROBOMECH2018 で講演を行うためには以下のスケジュールで手続きをお進めください.

  1. 講演申込み時の会員資格として「日本機械学会会員」を選択し,会員種別で「正員(申請中)」もしくは「学生員(申請中)」を選択してください.(1/29 〆切予定)
  2. 日本機械学会のサイトにて入会申込みを行って下さい.その際,通信欄は空欄として(ROBOMECH2018と記載しない)下さい.その後,自動振替申込書を郵送いただくか,入会金と年会費を入金してください.(2/20 までに会費の自動振替申込書が到着するように郵送するか,又は入会金・会費が着金するよう余裕をもって完了してください)
  3. 会員区分「日本機械学会正員」または「日本機械学会学生員」で参加登録を行ってください.会員番号が必要です.(最終原稿投稿までに参加登録を完了してください)
  4. 最終原稿のアップロード時に,論文投稿ID,日本機械学会会員番号,参加登録時の個人情報登録IDの3つの入力が求められます.(3/5 〆切予定)

(5)発表者以外が入会キャンペーンを利用する場合

  1. 会員区分「会員外」または「一般学生」で参加登録を行ってください.
  2. 日本機械学会のサイトにて入会申込みをしてください.その際,通信欄に必ず「ROBOMECH2018」と記入してください.記入がない場合キャンペーンは適用されませんのでご注意ください.
    (6/18 〆切.この期限を過ぎた申込みにはキャンペーンは適用されませんのでご注意ください)
    なお,2018年3月に卒業される方は,2018年4月以降の所属先名称についても通信欄にご記入ください.(例1.○○大学大学院進学,例2.○○会社勤務)

発表資格のある協賛・後援団体

協賛・後援団体のうち,研究発表に関し日本機械学会会員が同等の扱いを受けることが確認できている団体は以下の通りです.

 

•日本ロボット学会
•計測自動制御学会
•システム制御情報学会
•情報処理学会
•人工知能学会
•日本信頼性学会
•精密工学会
•電気学会
•日本フルードパワーシステム学会
•日本知能情報ファジイ学会
•自動車技術会
•日本航空宇宙学会
•日本生体医工学会
•ライフサポート学会
•ヒュ-マンインタフェース学会
•日本設計工学会
•日本コンピュータ外科学会
•日本感性工学会
•日本AEM学会
•エアロ・アクアバイオメカニズム学会
•日本ロボット工業会
•日本建設機械施工協会